News

佐藤智美展〜INSPIRATION

会期:2024年4月10日(水)〜14日(日)  会期中無休
時間:11:00~20:00
※4/10(水) 13:00-20:00 4/14 (日)11:00-16:00


場所:Gallery Klyuch (カフェle bois /ル・ボアの2Fです)
都営大江戸線・東京メトロ 清澄白河駅B2出口より徒歩6分
〒135-0022 東京都江東区三好3丁目1−14 → Map

※作品購入は、現金かクレジットカードとなります。

個展に関するお問い合わせはこちら


INSPIRATION〜「過去」から「今、此処」へ。


これまで「気づきの瞬間」をテーマにデジタルアートの制作を続けてきました。自分について分かったことを描き残しておかないと、雑多な毎日に押し流されてしまいそうだったからです。

「気づき」とは膨大な過去との出会いです。人生に起きた出来事を傷む気持ちと懐かしむ気持ちが混在するまま、描いていました。重くて、温かくて、懐かしい、私の中に潜んでいる、たくさんの事柄を、とにかく掘り出さないことには、得体のしれない人生をまともに歩けない。2018年の個展までは、そんな気持ちに突き動かされて描いていました。


今回の個展「INSPIRATION」は、過去に向いていた視点を現在に移し、日常に目を凝らして見つけた非日常のシリーズです。
私の中に長いことあった重いものをできる限り取っ払って、「今、此処」の感情に焦点を当てました。
やり過ごしている毎日にもスペシャルな瞬間はあります。夜空の物語や人混みのドラマなど。心を軽くすれば、子供の頃感じていたピュアな感情を取り戻すことができます。
これからもっと「今、此処」を感じていきたい。一瞬、一瞬、新鮮な自分を生きられますように。そんな願いを込めて、今回の展示を企画しました。
何卒ご高覧の程、宜しくお願い申し上げます。



(2024.02.18更新)

デザインフェスタvol.58に参加します。


デザインフェスタVol.58
2023.11.11(土)〜12(日)11:00~19:00
東京ビッグサイト 西&南ホール全館
https://designfesta.com

ライブペイントで出場します。【ブースN-12】
デジタルアート、詩集、画集の販売も行います。


入場料
前売一日券 ¥800 / 前売り両日券 ¥1,500
当日一日券 ¥1,000 / 当日両日券 取扱なし
※小学生以下のお客様は入場料無料
詳しくは チケット情報 をご覧ください。
https://designfesta.com/about-ticket/

公共交通機関
りんかい線「国際展示場」駅下車 徒歩約7分
ゆりかもめ「東京ビックサイト」駅下車 徒歩約3分

Colorful Art Gate に参加します。

場所:マルイ北千住店 2F
期間:2023.8.8(火)〜8.20(日)※8.16(水)休

今をときめくイラストレーターさんたちとの展示です。私は最新デジタルアート6作品と詩集、作品集を販売します。百貨店での展示販売ははじめてで、ワクワクしています。
※展示期間中、展示スペースの関係で作品の入替を行う可能性があります。私は8月8.9.10 17.18.19.20在廊予定ですので、お求めの場合は作家かスタッフにお尋ねください。

日本橋Art.jpさんに紹介して頂きました。

日本橋art.jpさんに紹介していただきました。作品購入も可能です。
https://nihonbashiart.jp/artist/sato-tomomi/

ポートフォリオのテンプレートもいただきましたので、後ほど公開予定です。


美術専門誌「百兵衛」日本橋Art.jpインタビュー
https://nihonbashiart.jp/web/wp-content/uploads/2022/02/hyakube.pdf

自伝詩集「運命のプロローグ」のデザインをリニューアルしました

2001年に刊行した自伝詩集「運命のプロローグ」の帯デザインとコピーを一新しました。

2001年に刊行した自伝詩集「運命のプロローグ」の帯デザインとコピーを一新しました。
従来よりも本の魅力が伝わりやすくなったかと思います。
2023年5月20日(土)より東京ビッグサイトで行われるデザインフェスタvol.57で販売いたします。
なお、こちらの詩集はオンラインショップでもお買い求めいただけますが、
イベントでの販売価格の方が若干お安くなるかと思います。


15歳くらいから自分の感情をノートに書き綴るのが習慣化していた私ですが、この詩集は人生が大きく動き始めた19歳からフリーランスになる30歳までに書きためた詩を編集したものです。

人生の節目で起きる抗いようのない心の混乱や体の衝動を見つめ、向かうべきところを必死で探り歩き続けた魂の軌跡。
若さが紡ぎ出したピュアで力強い言葉が、人として創作者として大切にすべきことを思いださせてくれます。
刊行から20年以上が過ぎた今も色褪せない逸品です。

B6判変型 ソフトカバー 254ページ
2001年2月28日 発行

1章 覚醒(1989〜1991年/19才〜21才)
2章 愛と孤独(1991〜1992年/21才〜22才)
3章 旅立ちの日(1992〜1996年/22才〜26才)
4章 雑踏の街(1997〜2000年/27才〜30才)

Call Us
モバイルバージョンを終了