愛の受け取り方。


私は人から愛を受け取るのが下手だ。みんなに優しく親切にしようと思うのだけど、逆に人から一歩踏み込まれそうになると、どうしても怖くなってしまう。どうしてだか分からない。このブロックはどこから来るのか。

自分のブロックを外すことに焦れば焦るほど逆効果らしい。

私を救うのは一人の時間だ。無音の時間。聞こえて来る些細な音に集中していくと、心は鎮まっていく。


秋が深まってきた。自転車で出かけると赤や黄色の街路樹が街を彩っている。もうしばらくするとイチョウが真っ黄色に歩道を染めるだろう。小学校の頃に毎日通った通学路を思い出した。あの時は目に見えない大きな愛を感じて生きていた。

私が幸福に感じる時間は、あの頃とあまり変わっていない。必ずしも誰かと一緒にいる時間ではなかった。でも今、私は色々な人に囲まれて生きている。時々息苦しくなる自分から脱皮したい。

今日は久しぶりに会社帰りにカラオケに寄った。「~炎(homura)~」は映画「鬼滅の刃」の主題歌だ。腹から声を出すと部屋の中で音がバンバン暴れる。歌い終わった後は完全燃焼だ。完全燃焼は本当に気持ちがいい。

10回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now