当たり前だと思っていたこと。



昔ある村に、夫婦と夫の母親、1歳になる息子が暮らしていた。

畑仕事に出ていた嫁が昼食を食べに家に戻ると、

認知症の姑が鶏肉入りのおかゆを炊いてくれていた。

ありがたいと思って窯のふたを開けてみると、

中には塢ではなく息子が入っていた。

老いた姑が、鶏と孫を間違えて釜に入れてしまったのだ。

嫁は心を落ち着けて、鶏をさばき、

姑におかゆをつくると、死んだ我が子を裏山に埋めたのだった。

ワイドショーのネタにでもなりそうなこの猟奇事件は、

驚いたことに朝鮮王朝時代には、親孝行な嫁として称えられていた。

今としてはとても理解できないこの話が、

美談として伝えられた理由は何だろうか。

当時は個人の感情をできるだけ抑え、

「道理」という名の義務を果たすことが称賛された。

どんなに怒りがこみ上げてきても、和を乱さないために、

個人は犠牲にならなくてはならない。そんな時代だった。

私が子供のころにも、勤勉さと誠実さが奨励された。

雨が降ろうが、風が吹こうが、病気にかかろうが、けがをしようが、

休まずに学校に行けば皆勤賞をもらえたし、

黒板の上には「勤勉と誠実」と書かれた標語が掲げられていた。

何のために?

勤勉と誠実が最高の美徳だと教えられていたのは、

当時の韓国が製造業のさかんな国だったことが関係している。

製造業では、創造力や個性よりも、

勤勉と誠実という資質が求められた。

このような美談と美徳が教えられたせいで

子どもが釜で煮られて死んでも涙ひとつ流さない嫁は

冷徹な児童虐待の共犯者ではなく、しっかり者の孝行嫁になり、

高熱にうなされても登校する子どもは他の生徒の模範となり、

ソクラテスが「悪法も法だ」と言ったというデマが飛び交い、

イスラム国家では自由恋愛をしたという理由で

娘を殺すことが名誉になったりもする。

このように、社会が美徳として人々の心に植えつけた考え方は、

怪談を美談に、暴力を名誉に変えてしまう。

それにもかかわらず、

私たちは今も社会が共通にもつ美徳と考え方を

永遠の真理だと思い込んでいる。

でも、価値というのは本来、個人が決めること。

私たちの人生に本当に必要なのは

社会が勝手に決めた考え方なんかではなく、自分なりの信念だ。

(キム・スヒョン著 吉川南訳「私は私のままで生きることにした」より)


12回の閲覧0件のコメント
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now