コロナウイルス ・パニック


今朝8時半に目覚めたら、夫はもういなかった。

昨晩、「手分けして買いに行こう」と言っていたが、先に行ったらしい。私はすぐにインターネットを立ち上げて、ネットショップでトイレットペーパーを漁った。アマゾンは全て品切れ。楽天市場はまだ在庫がありそうだ。しかし12ロールで4,500円とか6,000円とか、高いものは10,000円以上。気狂いのような値段だ。きっとこの時期、「今が稼ぎ時」と言わんばかりに値段を吊り上げる業者がいるのだろう。まったくあざとい。


1,000円以下の商品ページを開けてみる。発送日か4日後から2週間後。または「発送日は店舗に問い合わせください」というコメントがついている。これでは急いで買う意味がない。


私は夫に電話した。

「どこへ行っても、売り切れだよ。」

マスクや、トイレットペーパだけでなく、テイッシュペーパー、米や乾麺なども、全て売り切れだと言う。

「薬屋の前から100m先までズラっと人が並んでるんだ。店前に『お一人さま1点まで』とか、『トイレットペーパーは品切れになりません』とかいう中国語と、日本語の貼り紙があってさ。しばらくして、店長が出てきて「トイレットペーパーは完売しました〜」って言ったら、長蛇の列は散り散りになった。」

中国語か。私は忌々しい気持ちになった。

「もう帰ってきなさいよ。あんなところ並んだって、買えやしないわよ。買えるものネットで買う。その方が早い」


全くこの暴動に巻き込まれている。こうやって慌てて買って、本当に必要な人が困るんだろうか。とはいっても、品切れ状態は不安なので、どこかで調達しなければらなない。


楽天市場で業務用のトイレットペーパー6ロールが660円で売っていた。送料700円。合計1,300円。普段の約5倍の値段。しかし業務用なので、1ロールが約100m、通常のロールのざっと3倍。これは結構ストックになるかもしれない。私は、このトイレットペーパー6ロール入りを2パック買った。合計2,020円。発送日は3/3(火)だ。ちゃんと届けば、何とか間に合うかな。


それからアマゾンで2,300円の米の5kgを購入した。こっちは普段の値段とそんなに変わらない。この騒動がいつまで続くか分からないが、困窮することを考えれば多めの方がいい。


しばらくして夫が帰ってきた。わずかに余っていたという福島の新米、1,680円。これでストック10kg。昨日買った乾麺と今日買ったトイレットペーパー合わせて、今回の出費は1万円近い。普段せっかく節約していたのに、こいうところでお金が出ていくのは悔しい。しかし買えてよかった。私もSNSで「業務用がお買い得だよ」というスレットを出したくなったがやめた。きっと業務用のトイレットペーパーもすぐに品薄になるだろうから。


楽天市場のトイレットペーパーは、もう全滅になっていた。きっとまだ、買えなくて困っている人がいるのだろう。


午後に差し掛かる頃、いつものように私は台所に立ち、皆のために食事を作った。通常の生活に戻り、2時には銀座へ出かける。



0回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now