「技」を磨く。


大切なのは正しい呼吸と正しい動き

最小限の動作で最大限の力を出すことなんだ。

そうするとだんだん頭の中が透明になってくる。


初めのうちは覚えなければならない。動きや感覚を拾わなければならない。


五感を開き、自分の体の形を血管の一つ一つまで認識する。

この時は本当に苦しい

このまま踠き続けても

先が行き詰まっているとしか思えない。

たくさんのものを覚え吸収した後は 必要でないものを削ぎ落とす

その動きに必要なものだけ残して閉じる

人はよく聞こうとする時、目を閉じるだろう?

そういう風に その瞬間

必要なものを選び取っていくんだよ

やがて、身体中の血管や筋肉の開く閉じるを

瞬きするように、速く簡単にこなせるようになる

その時光明が差す 道が開ける


頭の中が透明になると”透き通る世界”が見え始める。

しかしこれは

力のかぎり踠いて

苦しんだからこそ届いた”領域”

竈門炭十郎(「鬼滅の刃」17巻より抜粋)


11回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now